いろんな意味で、信頼と信仰の映画だと思いました。

すべてに意味があること すべての存在が大切だということ
むだなものなど何ひとつないということ
私たちは常に見守られて、生かされているということ
大変なときは神が背負って歩いてくださるこということ
だから悪いことなんて何ひとつ起こらないんだということ。
名無しさん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA